北翔海莉が退団すると知ったとき、――壮一帆と同じ、大劇場公演三作で退団なんだな――と思った。もう一作くらいはやるんじゃないかと思っていたところまで同じだった。私の中では驚くにはあたらなかった。宝塚歌劇団において歩んできた芸の道は、この先も、いつまでも、続く。二人には、その先の道がはっきりと見えたのだと思えたから。

 退団作「桜華に舞え」で北翔が演じた主人公・桐野利秋は、維新の立役者でありながら、同じ薩摩藩の衣波隼太郎(紅ゆずる)らとは途中で袂を分かち、西南戦争に身を投じる。幼なじみの親友でありながら、違ってしまった道を行く二人、その友情と葛藤のドラマが物語の一つの芯となっている。戦場において斬り合いながら、二人は、心の中で会話を交わす。その会話以上に、北翔と次期星組トップスター紅とが、共に舞台に立った短い期間の中に舞台人として互いに培ってきた思いが作中ほとばしり、北翔が星組にもたらしたものは、紅をはじめとする星組生たちによって確かに引き継がれていくことを予感させる。
 そして私は、違ってしまった道を行く物語の二人の姿を観ながら、――自分の道が、北翔の道とは違ってしまった、そう頑なに思い込んでいた時期のことを思い出していた。私には何だか……、その頃の彼女は、自分の芸の確かさを振り回す、どこか傲慢な人に見えていた。いろいろな発言に、……こんなこと言わなければいいのにな、蜷川幸雄が演出した「コリオレイナス」を観るといいんだけど……等、よけいなお節介を思っていた。何のことはない。その姿は、かつての私同様だった。私自身も、自分が舞台を観る目とそれを書き記す文章さえ確かならば、他には何も必要ない、そう思っていた時期があった。傲慢だったのは自分である。何故、自分の道だけが正しくて、他の人の道はそうではない、そんな風に思っていたのだろう――。だからこそ、<「トロイアの女たち」で「じゃじゃ馬ならし」>なのだけれども。蜷川幸雄に教えられた大切なことの一つに、「たとえ一人の天才がいたとして、だからといって即優れた舞台が生まれるわけではない」ということがある。無論サイズの違いはあれど、基本的に、舞台芸術とは、多くの人が関わることによって生み出され、そして多くの人によって受容されることを究極的に必要とする芸術形式である。そしてそれは、人生の他の多くの事柄についても当てはまることだろう。ある一人がたとえ正しいこと、立派なことをやろうとしていたとして、多くの人を巻き込んでいかなくては大きなことは成し得ない。それには、情熱なり、言葉なり、姿勢なり、他の人々の心を動かす何かが必要である。
 一度は、自分の道と北翔の道とは違う、そう思った。私は間違っていた。異なる道を歩んでいるように見えて、同じところを目指していた。その気づきは、――自分では、神は共に歩いていない、そう思えたときにも、やはり自分は神と共に歩いていたのだと気づくことにも似ていた。そして私は幸せなのである。同じ道を歩んでいることが。
 北翔海莉はトップにならないかもしれない。そう思ったとき、私はパラレル・ワールドで、彼女がトップになったことに勝手にしておいた。その想像は、実際に起こった現実とは大きくかけ離れていた。退団公演の二作、「桜華に舞え」にしても、「ロマンス!!(Romance)」にしても、北翔海莉が星組の仲間と共に創り上げる舞台を観ることがこんなにも幸せだとは思いもしなかった。こんなにも多くの仲間に心を寄せられ、一人一人のその心に心で返す、そんな舞台――。その頂点はやはり、「ロマンス!!」の「第6章 友情」の場面である。こんなにも幸せそうに舞台に立つ北翔海莉の姿を観ることになるとは、数年前には思いもしなかった。
 そして私は気づいたのである。パラレル・ワールドで想像していたのは、北翔海莉と宝塚のトップスターという称号を結びつける、そのことに過ぎなかったのだと。トップスターは一つの地位であり、名称である。その実質をどんなものとするかは、その地位に昇った者それぞれによって異なる。
 長い宝塚人生の果て、北翔海莉がたどり着いたのは、その芸と人間性によって多くの人々に慕われ、確かなものを後に残していく、そんなトップスターだった。
 それにしても。私は先に、宝塚のトップスターには、<「この人はトップスターになるんだろうな」と思われて若くして就任した人物と、「この人はまさにトップスターにふさわしい」というところまで昇り詰めてから就任した人物とがいる>と記したけれども、北翔海莉について何だか不思議だというのは、「この人はトップスターになるんだろうな」と若いころから思われていて、そして、「この人はまさにトップスターにふさわしい」というところまで昇り詰めてから就任した、つまりは、早咲き&遅咲きタイプだからである。でも、それだけ長い間、宝塚歌劇の舞台において、多くの観客を楽しませてくれたということなのだ。だからこそ、これぞ宝塚歌劇の正統! とも言えるロマンチック・レビュー「ロマンス!!」の世界があんなにも似合うということなのだと思う。舞台でも披露したアルトサックスをはじめ、多くの芸事に才を発揮し、一見、宝塚の世界をはみ出すかに思えたけれども、実のところ、とても宝塚らしいスターなのだった。

 さて。その先の道が見えたということと、実際にその道を進むこととは、究極的には別である。例えば。壮一帆が退団後、舞台活動になかなか踏み切らず、人々をやきもきさせたことは記憶に新しい。けれども、壮がちょうどこの時期、東京芸術劇場プレイハウスで、アラン・エイクボーンのウェルメイド・プレイ「扉の向こう側」において、大先輩の一路真輝共々、宝塚とは異なる舞台で、宝塚で培ったものを活かして、実に楽しそうに舞台に立っている姿を観ると、思わずにはいられない。
 宝塚歌劇のすべてを美化し、賞賛するわけでは決してない。けれども、宝塚歌劇に美点があるのならば、それを宝塚歌劇だけのものとするのではなく、社会に広めていくことは素晴らしいことだと私は思う。そしてその社会とは、必ずしも舞台芸術界にとどまるものではない。けれども。
 出会った場所が劇場で、私は舞台評論家なのだから。みっちゃん、また劇場で会いましょう。宝塚の男役出身者が、外部の舞台で活躍して、男役として培ったものを活かして、日本の女性の多彩な美しさ、かっこよさを追求していくことを、私は非常に尊いと思う。そしてそのことは、日本の男性の多彩な美しさ、かっこよさを追求していくことにも、究極的にはつながっていくはずである。
 ちなみに。みっちゃんと言えば、大型特殊自動車や大型自動車、牽引の運転免許を持っていることが知られているが(トラックもバスもフォークリフトもクレーンもタンクローラーもダンプも運転できる!!!)、「宝塚おとめ」に長年記している特技は、三谷幸喜作・演出「国民の映画」のユダヤ人執事フリッツと同じ“三点倒立”。フリッツが舞台上この特技を披露する場面はないが、みっちゃんはかつて、ベルリン公演「サンライズ・タカラヅカ」の舞台で、――それこそ、壮一帆とも一緒に――この特技を披露している。
 北翔海莉が専科に行き、トップスター就任が絶望視されていた頃、自分がパラレル・ワールドで彼女がトップになったということにしていた話は以前記した。実際に北翔がトップスターになって、……そんなパラレル・ワールドより、何倍も、何十倍も幸せだった。楽しかった。それにはまず何より、娘役トップ妃海風の存在が大きい。パラレル・ワールドには、相手役の想像はなかった。それも、北翔を人間として、舞台人として厚く慕い、退団の日までしっかりついていこうという気概と、そして、人としてこの上ないかわいらしさを兼ね備えた相手役の――。退団公演の初日前囲み会見でも、相手役を慕うコメントに、何だか思わずふふっと笑みがあふれてしまったくらいである。決して演技ではない、その性格の素のかわいらしさ。その上に娘役としての技巧が乗る。だからこそ、ロマンチック・レビュー「ロマンス!!(Romance)」の冒頭の、言う人によっては気恥ずかしく聞こえるかもしれない「ロマンス!」というセリフがあんなにも輝いて決まるのである。それは宝塚の娘役としての勲章である。
 大劇場前作公演のショー「THE ENTERTAINER!」のスパニッシュの場面で、妃海は北翔と踊っていた。彼女は決して大柄な方ではないから、スパニッシュの長く裾の広がった衣裳はさばく上でハンディがありそうなのだが、……手をぱっと離す、またぱっとつかむ、その動作を何度繰り返しても、裾が常に美しく見える。その様に見惚れた。その仕草を獲得するまでに、どれだけの鍛錬を重ねたのだろう……と思った。宝塚が好きで、娘役が好きで、そうして宝塚に入ったからこそ、己の道を深く探求する。宝塚が好きで、娘役が好きで、けれども宝塚には入らない、入れない人々にとって、娘役は永遠の憧れである。その憧れを背負って、道を究める。あっぱれだと思った。とある映画で、舞踏会で踊るヒロインのドレスの裾さばきがCG加工されていて、唖然としたことがある。……私はいつも、生身の人間が細心の注意をもってさばいている様を、宝塚の舞台で観ているからなあ……と。そして私は、生身の人間がそうして完璧を目指す姿にこそ、美を見出す。併演の「こうもり」のアデーレ役でも、難しい裾のドレスをさばく姿に卓越したものがあった。
 今年一月の「LOVE & DREAM」でも、妃海の娘役としての技量が光った。ディズニー・ナンバーを歌い継ぐ第一部で、妃海は「Let It Go〜ありのままで〜」を歌ったが、あくまで娘役性は失うことなく、作品の強いメッセージを伝えていた。いつぞやの紅白歌合戦でイディーナ・メンゼルが歌うのを初めて聞いて、……日本語で聞いていたのとは何だか違って、決して甘くない、「嫌われたって構わない!」くらいのある意味フェミニズム的強さがこめられた歌なんだなとびっくりした。それをそのままそのように歌っては、今度は娘役歌唱にはならない。宝塚にはならない。娘役だって違う意味で強いのである。その強さをこめればいい。男役があくまで中心の宝塚に対し、ディズニーの世界はプリンセス、ヒロインが中心であることが多いというのが、このディズニーとのコラボレーション作で改めて気づかされたことだったが、この作品において、凛として、かつ、かわいらしく、妃海が娘役トップとして果たした役割は大きい。
 退団公演「桜華に舞え」で彼女が演じたのは、会津藩の武家娘、大谷吹優役。北翔演じる薩摩藩の桐野利秋は、戊辰戦争で吹優の父を殺め、その後に彼女の命を救っており、そのことを彼女に言えないまま、二人は互いに淡い恋心を抱いている。実は私の母方の祖父は会津の出身で、そして私の父は山口県すなわち旧長州藩の出身で、今から半世紀ほど前の私の両親の結婚式では、かつて敵同士だった両家は今や手を取り合い云々といったスピーチがあったそうな。大河ドラマ「八重の桜」でもこのあたりの話が扱われていて、その途中まで私の父は生きていて、父と母がドラマを観ながらケンカでもしてはいけないと、私は二人の仲裁役になるべく、しばしば大河ドラマ放送時間に夕ご飯を食べに実家に足を運んでいた。そして物語上、会津と長州が何だかきなくさくなってくると、父が決まって「あれは薩摩が悪い」と言っていたことを思い出す。そんな個人的事情のもと、「桜華に舞え」を観ていて、きりりとした妃海の吹優を観ていて、私は、自分の中にも確かに流れる会津の血を思った。自分の父の命を奪った相手を、そうとは知らず恋してしまうというのは、大好きで何度も何度も読んで涙した大和和紀の漫画「菩提樹」を思い出すな……とも。自分の学んだ医学を活かしたいと、桐野も従軍する西南戦争で看護にあたるりりしい吹優。桐野には妻がいて、結局吹優とは結ばれぬままで、最後に吹優は桐野の遺品をその妻に届けて――。けなげさに、ほろっとする。
 岡田敬二作・演出のロマンチック・レビュー「ロマンス!!(Romance)」で私が一番好きなのは、謝珠栄が振付を手がけた「第6章 友情」の場面。同じ演出家と振付家のコンビがかつて生み出した名場面、宙組公演「シトラスの風」の「明日へのエナジー」をも彷彿とさせるシーンである。そして私がもう一つ思い出したのは、やはりこの演出家&振付家のコンビが、元星組トップスター湖月わたるの退団公演で餞に送った「惜別――オマージュ――」の場面。湖月の両手を支えに、次期トップスター安蘭けいが宙に舞う姿が今でも胸の奥に焼き付いている。「第6章 友情」では、LEDの照明も美しく幻想的で、そんな中、北翔と星組の仲間たちがエネルギッシュなダンスを繰り広げるのだが、このとき、長い髪の毛を振り乱しながら、パンツルックで、妃海が北翔と共に踊る、そのシーンに、何だか二人のコンビ像が集約されているように思えた――。この人はこんな真剣なまなざしで、相手役の向かう方向についていこうとずっと一緒に走ってきたのだ、そう思った。そんな場面を共に創り出せたことは、トップコンビとしての二人に輝く勲章である。
 妃海風の舞台をもっと観ていたかった。もちろん、その思いは今も胸にある。けれども、彼女からあの天性のかわいらしさを存分に引き出したのが北翔海莉であるのなら、早い退団も仕方がない。それにしても。想像より現実が何倍も、何十倍も素晴らしく素敵だなんて、なんて幸せなことだろう。そんな幸せな現実を本当にありがとう! 宝塚以外でも熱中できる何かが舞台芸術界で見つかることを、心待ちにしています。
 歌ってよし、踊ってよし、芝居してよし。「ガイズ&ドールズ」ナイスリー・ナイスリー役で快演を見せる美城れんに、客席が大喝采を送ったのはわずか一年前のことである。それが、こんなにも早く退団することになろうとは。宝塚ファンの嘆きは深い。
 退団作「桜華に舞え」で美城が演じたのは、西郷隆盛。同期の星組トップスター北翔海莉扮する主人公・桐野利秋ほか多くの人々を、度量の大きさで導き続け、西南戦争に散る。周囲の人々は無念極まりなさそうだけれども、西郷は己が運命を静かに受け止めているかのようである。その姿が美城自身と重なる。専科で活躍できる人材は本当に貴重である。トップスターになる人材より少ないかもしれない。美城れんを宝塚から失うことは無念である。けれども。彼女自身が幸せで、納得して決めた道ならば――。
 ロマンチック・レビュー「ロマンス!!(Romance)」で、美城は一人銀橋を渡り、舞台上の星組生と共に歌う。星組出身の彼女が、星組時代に繰り広げた数々の名演を思い出す。その姿に泣いたり笑ったり、大切な宝物をいっぱいもらってきた。だから。
 願わくば、またどこかの舞台で出会えますように。専科の星・美城れん、2016年11月20日をもって、宝塚歌劇団卒業である。
 半月あまりかかりっきりになっていた大量の原稿がやっと終わってちょっと一息。
 発売中の「omoshii mag vol.7 SP version」に、壮一帆さんのインタビュー記事が掲載されています。先日ご紹介したウェブ版の別バージョン、別カット。紙で永久保存されたい方は是非。
 夏の月組公演「NOBUNAGA<信長>−下天の夢−」で、花陽みらは、前田利家の妻まつを演じた。同じ演出家の「一夢庵風流記 前田慶次」ではトップ娘役愛加あゆが演じたキャラクターである。大劇場作品の舞台で久しぶりに花陽の思いきりのよい演技を観て、…ああ、この人の芝居はやっぱり気持ちがいいなあ…としみじみと思った。ショー「Forever LOVE!!」でもそのきらきらした笑顔が視界に飛び込んでくることが多かった。そう来なくっちゃ! と思った。花陽みらの活躍する舞台をもっと観たい! と。――まさか、その公演の千秋楽からほどなくして、彼女の退団が発表されるとは思ってもみなかった。しかも、東京公演のない、宝塚バウホールでの公演のみの作品での。
 2011年の「アルジェの男」で、花陽は、主人公をめぐる三人の女の一人、アナベルに扮した。騙されてピアノが弾けなくなり、湖に身を投げる盲目の令嬢。…アナベルは私だ…、そう思った。そのときから彼女はもはや私の一部なのである。大切な。
 レビュー「Rhapsodic Moon」(2010)では晴れやかな笑顔でラインダンスのセンターを務めていて、センターに配置された人物の表情かくあるべしと思わされ、その後ラインダンスを観る際の一つの基準になったこと。「ベルサイユのばら−オスカルとアンドレ編−」(2013)で、こましゃくれた子供ルルーを演じ、特別出演していた雪組トップスター壮一帆扮するアンドレに、「可哀想にあなたは平民。お姉チャマ(オスカル)は貴族。とうてい結ばれることは不可能よ…」と、観ている側の心にまでぐさっと突き刺さりそうなほど平然と言ってのけ、役者として対等な真剣勝負を挑んでいたこと。思い出があふれてくる。
 2016年10月21日、「FALSTAFF〜ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ〜」の千秋楽をもって、月組娘役・花陽みらは宝塚の舞台を去る。私が彼女の舞台を幸福感と共に思い出せるのと同じくらい、彼女の宝塚人生、そしてこれからの人生が幸せに満ちたものであることを願って。