「恋と音楽 FINAL〜時間劇場の軌跡〜」
 2月16日14時の部、パルコ劇場。
 パルコを舞台に繰り広げられてきたこの楽しい音楽劇シリーズも、第三弾の今回で惜しくもファイナル。三回目ともなれば、メインテーマ「恋と音楽」のメロディもすっかりおなじみのものとなり。スタッフ、キャストともすっかり手に入った感があり、シリーズ最高の作品となった。鈴木聡の手による物語が素直にかわいらしく、佐山雅弘による音楽は軽快で楽しく、主演の稲垣吾郎のチャーミングが非常によく引き出されている。
 舞台は、北関東のとある古びた劇場。――最近流行り? の設定である。ちなみによく似た設定の「HEADS UP!」では“劇場案内人”は“熊川”という名で霊だったが、こちらの作品では“哲平”という名で生きている(福本伸一がいい味)。二人のミュージカル・スター(稲垣&真飛聖)は表向き犬猿の仲ということになっているが、実はひそかに愛し合っている。と、この劇場にゆかりのある古い時計がいきなり時を刻み出し、未来からやってきた人々が、この恋の行く末は最悪と告げ――。そんな二人の恋模様が、劇場への愛と共に語られてゆく。今年2月の「ひょっこりひょうたん島」(シアターコクーン)で好演を見せた井上芳雄にも言えることだが、かっこいい二枚目のパロディを見せる上では、資質と技術に加え、己を客観視する知性が必要である。この作品での稲垣はそのあたりの按分が実に冴えていて、床にうずくまって「オ〜マイゴ〜」を連発、人々に「うるさい!」とつっこまれるあたり、かわいらしい笑いを誘う。それでいて、決めるところはかっこいい。プロフェッショナルなパフォーマーかつ、素敵な人だな…と改めて感じた。SMAPとパルコ劇場といえば、昨年の三谷幸喜作品「burst!〜危険なふたり」での草g剛&香取慎吾のさわやかな力演が記憶に新しいところだけれども、また一つ思い出が増え。どうやら芝居談義に花を咲かせているようでもあり、稲垣×草gの舞台での共演も観てみたいものである。
 シリーズ全作参加の真飛は、稲垣と芝居の息もよく合っている。今は宝塚の娘役出身者のようにたおやかに相手を立てているけれども、男役時代はこの人、稲垣吾郎と張れるかっこよさだったんだぞ〜と思って、何だか愉快になってしまった。新しい劇場になっても、またこんな楽しいシリーズが観られることを切に願って。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/434608227
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。