藤本真由オフィシャルブログ

無念〜宝塚・美城れん退団[宝塚]
 歌ってよし、踊ってよし、芝居してよし。「ガイズ&ドールズ」ナイスリー・ナイスリー役で快演を見せる美城れんに、客席が大喝采を送ったのはわずか一年前のことである。それが、こんなにも早く退団することになろうとは。宝塚ファンの嘆きは深い。
 退団作「桜華に舞え」で美城が演じたのは、西郷隆盛。同期の星組トップスター北翔海莉扮する主人公・桐野利秋ほか多くの人々を、度量の大きさで導き続け、西南戦争に散る。周囲の人々は無念極まりなさそうだけれども、西郷は己が運命を静かに受け止めているかのようである。その姿が美城自身と重なる。専科で活躍できる人材は本当に貴重である。トップスターになる人材より少ないかもしれない。美城れんを宝塚から失うことは無念である。けれども。彼女自身が幸せで、納得して決めた道ならば――。
 ロマンチック・レビュー「ロマンス!!(Romance)」で、美城は一人銀橋を渡り、舞台上の星組生と共に歌う。星組出身の彼女が、星組時代に繰り広げた数々の名演を思い出す。その姿に泣いたり笑ったり、大切な宝物をいっぱいもらってきた。だから。
 願わくば、またどこかの舞台で出会えますように。専科の星・美城れん、2016年11月20日をもって、宝塚歌劇団卒業である。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.seesaa.jp/tb/444146765
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。